×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


建築学習資料館フォトギャラリー
名称 旧井上邸(高崎哲学堂) 所在地 群馬県高崎市
設計 アントニン・レーモンド / レーモンド設計事務所 HP 訪問日 2007/07/31
 夏の東日本建築教育研究会計画分科会研修の途中に立ち寄りました。この建物は、井上房一郎が1952年、建築家アントニン・レーモンドの麻布笄町の自邸とほぼ同じものを、同氏の同意を得て高崎の地に建てたものです。この日は休館日だったのですが、たまたま隣地が工事をしていたため写真を撮らせてもらうことができました。丸太を柱や鋏状トラスで有効に使い、天井は張らないなど戦後のレーモンドスタイルの住宅の特徴を顕著に表す建物と井上房一郎の作庭による鬱蒼とした樹木が一つになって独特の情景を伝えています。

Copyright(C) 2006-2007 Yoshiaki Sakurai. All rights reserved.